AdobeStock_144793983_1

ALOHA

ハワイに留学中のみなさん、また留学をお考えのみなさん、ハワイ生活を楽しんでますか?

 

これまで、本シリーズではハワイ・リージョナル・キュイジーヌ(HRC)の定義やその歴史について触れ、

前回のブログではHRC運動の立役者の一人:ロイ・ヤマグチ氏についてもご紹介しました

(なんで『12人のシェフ編』というタイトルなの?と思った方は前々回のブログを要チェック)

ハワイの料理は様々な国の文化が融合されていること、その背景などについて、ご理解いただけたかなと思っています。

 

今回は12人のシェフ編の第二弾ということで、

Alan Wongさんと、彼が手掛ける料理についてご紹介いたします。

 

数々の賞を総なめにする、「ハワイを食で感じる」レストラン

 

Alan Wongさんは「アラン・ウォンズ・ホノルル」「ザ・パイナップル・ルーム」の二つのレストランを経営されています。

中でも、「アラン・ウォンズ・ホノルル」はハワイで最も権威のあるレストラン賞「ハレアイナ賞2014」のレストラン・オブ・ザ・イヤー金賞をはじめ

様々な賞を総なめしています。

 

そんな「アラン・ウォンズ・ホノルル」では、他のHRC運動をけん引したシェフが手掛けるレストランと同じように、

ハワイでとれた食材を使って、日本・中国・韓国や西洋の調理法を融合させています。

 

ハワイ産の食材を使う事で地元の農家・生産者や経済をサポートすることにもなるし

なによりそれがまさに「ハワイを食で感じる」ということだと

Alanさんは語ります。

 

ドリンクまでとことんハワイ産にこだわる

 

そんなAlan Wongさんの手掛ける料理ですが

どれも美しく魅力的で、どのメニューを紹介しようかと悩んでしまうほど…

 

日本語公式サイトの動画内で紹介されている料理は、調理の段階から見ていて本当にうっとりします…

 

そして、ドリンクメニューに至るまで、ハワイでとれた食材にとことんこだわって

調理されている様子がよくわかります。

 

動画内で紹介されているマイタイと呼ばれるカクテルは

ハワイ産パイナップルジュースとマウイ産ラム酒を使用していますし

 

スイカやリリコイを使用したパッションーフルーツ・モヒートにもひかれます。

とってもおいしそう…

 

公式ブログ内でもカクテルの作り方が紹介されていますよ~

 

ぜひぜひ、Alan Wong さんが手掛ける料理を一度味わってみてはいかがでしょうか?

 

公式ウェブサイトもあわせてご覧ください。

 

それでは、今週も素晴らしい一週間となりますように。

MAHALO

【留学Hawaii】 ハワイで”語学留学”をトータルサポート!
http://ryugaku-hawaii.com

【ステップフォワード】 ハワイで”働く”をトータルサポート!
http://stepforwardsupport.com

【インターンUSA】 ハワイで”学生インターン”をトータルサポート!
http://intern-usa.com